もじゃフラワーの、優しさの☆ロックンロール

おしゃれだからとかもてそうだからとかそんな生半可な気持ちでやってたらこんな大変なことになってないです。

天国より、野蛮!

f:id:mojaflower:20170731025432j:image

卒論ちゃんと書けなかったんだけど、大学の時、日本ディジュリドゥ協会に乗り込み、このオーストラリアの先住民、ディジュリドゥマスター、デビッド・ブラナシのことを教えてもらいました。
福岡を愛する人は気分を害するかもしれませんが、お酒の席の冗談で、福岡にはファンキーか◯ャ◯◯ーしかいない、というものがありました。私は御多分に洩れず前者でしたが、もう歳をとって落ちついたけど、ちょっとだけ微々たる感じでファンキー過ぎたと思います。しかし、恐ろしいのは、私のファンキーさは中の下ぐらいだということ。さすが修羅の国。
東京時代をひとことで言うならパンクでしたが、、、。学習なんてしない‼️学ぶものか‼️同じことを繰り返し、道で泣き、倒れる。なんかもっととんでもない人いっぱいいましたけど、、、笑。
芸術などから学ぶことは、どんな生き方にも、音楽のジャンルのようにジャンルを名付けることができ、それが善でも悪でもないと思えること。芸術ってやはり偉大です。
精神的なことは、ロックだなーとよく思っていました。ロッカーはメンタル薄弱ですからね。
芸術についてはこれからも識っていけたらなーと思います。目尻を下げ口角を上げて見守ってください。科学と芸術は、人類の幸福のためにあると読んだことがあるけど、それも本当かわからない。天国より、野蛮!